襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の交換の仕方



襖の交換についてご紹介します。

襖に何かものをぶつけたりして、穴があいてしまうことがあります。そんな時、襖の職人さんに修理・交換を頼むのも1つの方法です。

しかし、襖は自分でも意外と簡単に修理・交換することができます。そこで、自分でできる襖を張り替えの仕方、交換の仕方をご紹介します。


(1)交換の仕方 道具

襖の交換に必要な道具を用意します。襖紙、のり、ハンマー、バール、ハケが必要な道具です。


(2)交換の仕方 木枠と木組み

襖の木枠をはずします。襖は、たいてい釘で打ちつけてあります。まずバールで釘を抜きます。襖から木組みが抜けて、襖紙だけの状態になります。


(3)交換の仕方 新しい襖神

新しい襖紙を、開いてしまった穴より大きく切ります。その襖紙の周囲と、襖の穴の周りにのりを塗ります。新しい襖紙を、穴の上から貼り付けます。


(4)交換の仕方 空気を抜く

新しい襖紙をのりで貼り付けたら、襖全体をひっくり返してハケでこすり、紙の中の空気を抜きます。のりが乾燥すれば、襖の張り替えはほぼ終わりです。


(5)交換の仕方 木組み

襖紙が完全に乾いたら、木組みと木枠を襖紙に取り付けて、襖の張り替えは完了です。
posted by 襖 at 20:18 | DIY・アイロンでリフォーム
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。