襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖障子(ふすましょうじ)とは?



襖障子とは、木の枠を格子組にして布や紙などを張り重ねて、周囲に木枠を取り付けたものです。

襖障子は、部屋の間仕切や押入れなどに用いられる、日本独特の間仕切建具のことです。

襖障子は、中世以降の名称で、現在では「障子」と「襖」は別のものとして区別されています。


(1)襖 ふすま

襖は、自然素材の和紙を使用しているため、やさしい住空間を創り出してくれます。

実用とインテリアを兼ねた建具で、和の空間にも現代空間にも合うように、豊富な種類と柄があります。

襖の特長は、軽いこと、表紙を貼り替えて新しくしたり雰囲気を変えることができること、です。


(2)障子 しょうじ

障子は、襖と同様に日本の環境に合う、和風建築には欠かせない日本の伝統建具です。

障子には、湿気を吸収する機能、空気をろ過する機能、光を調節して直射日光を軽減する機能があります。
posted by 襖 at 08:01 | 和室・畳・仏間
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。