襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の張替え方



襖の張替え方ですが、張替えは難しいと思われがちですが、水や「のり」が不要で、アイロンだけで張替えられる襖紙があります。

襖は、知らず知らずのうちにタバコのヤニやホコリなどで汚れてきます。

アイロンだけで張替えられる襖紙を使えば、簡単に張替えられますので、是非挑戦してみてください。

この襖紙は板ぶすまに最適ですが、本襖(枠がはずれる襖)でも枠をはずさずに張替えることができます。

張替え方は、スチームアイロンを使い、温度を高温にして使ってください。

この張替え方で用意する道具は、スチームアイロン、引手クギ抜き、枠はがし、カッターナイフ、カット定規、金槌、釘締め、ノリバケ、などがあると便利です。


(1)襖の張替え方は、まず、骨組み、縁、引き手、に分けます。

(2)引き手と縁をはずして、汚くなった上張りを剥がします。

(3)骨組みに骨縛り(紙)を張った後、さらに袋紙(薄い紙)を張ります。

(4)襖の和紙に高級な物を使う場合は、袋紙みを何重にも張って下地を良くする張替え方で、見栄えと耐久性を良くします。張替え方で、見えない下地作りは重要な作業となります。

(5)袋張りの作業を行ってから、下地の上にきれいな和紙(上張り)を張ります。それから縁を打って、引き手を付けて張替えは完了です。
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。