襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の引き手はふすまのイメージを作る



ふすまの引き手は、ふすまの開け閉めに欠くことができません。

ナチュラルなものからモダンなものまで、引き手にもいろいろあります。

ふすまのイメージは、小さな引き手ひとつで変わります。

ふすまの張り替えのときには、ご家庭の襖に合うサイズの引き手を選びましょう。

ふすまの引き手は、材質によって「木地の引き手」と「金物の引き手」があります。

木地引き手には、木目の美しさを生かした「生地」のものと、「塗り物」とがあります。

木地引き手の素材は、黒檀、竹、プラスチックなどが使われています。

鉄やプラスチックなどを素材とする引き手は、ほとんど機械によって製造されています。

また、職人の手によってひとつひとつ手で作られている引き手は、高級品です。

金物引き手には、金、銀、赤銅、黄銅、洋白、真鍮、鉄、アンチモニーなどの材質があります。

金物引き手には、くすべ、煮込み、錆づけ、漆塗り、メッキ仕上げ、などの色仕上げ方法があります。
posted by 襖 at 07:07 | 戸・引き手・縁の修理
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。