襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の張り替え方のポイントは和紙の質



ふすまの張り替え方と言っても、いろいろな商品、模様、値段があります。

ふすまを張り替えるときに、何をどのように選んだらよいのか、特に初めての人はきっと迷ってしまいます。

張り替え方で一番のポイントは、和紙の質です。

和紙は、大きく分けると、鳥の子、上新鳥の子、新鳥の子のランクがあります。

和紙の原料は、雁皮、三椏、楮です。これらを原料として作られた和紙を「鳥の子」和紙と言います。雁皮を使った和紙は、特に高価です。

和紙の製造方法には、手漉きと機械漉きがあります。

見栄えと耐久性に優れたふすまへの張り替え方をするのなら、手漉きの鳥の子和紙を使うのが一番です。

一般の家庭でも無理のない張り替え方は、機械漉きで作られた「上新鳥の子」の和紙を使うことです。

上新鳥の子は、和紙の中で最も模様や種類が豊富で、かつ質もいいので、ふすまを張り替えるときには便利です。

一番安価なのは「新鳥の子」です。しかし、原料に再生紙とパルプを混ぜて作るため、本来の和紙より見劣りします。

変化ある風合いの張り替え方をするのなら、「織物襖紙」(糸入り)を使うといいでしょう。

和紙とは違って繊維の特徴でもある縦糸と横糸の手触りが楽しめます。

ふすまの張り替え方は、まず和紙を手で触り、その違いを確かめてみることです。
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。