襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

DIYで襖を張り替え



DIYでふすまを張り替える方法をご紹介します。

DIYで張り替えられるふすまの種類には、水で貼るふすま紙、アイロンで貼るふすま紙、両面テープで貼るふすま紙、糊を付けて貼るふすま紙、があります。


(DIY 1)水で貼るふすま紙


DIYで水で貼るふすま紙は、再湿糊タイプのふすま紙とも言われています。

ふすま紙の裏面に、切手の糊と同じような再湿糊が塗布されていて、DIYで張り替えることができます。

再湿糊が塗布されている面に、スポンジやハケで水を付けて糊を戻し、紙をその伸ばして貼るふすま紙です。


(DIY 2)アイロンで貼るふすま紙


DIYでアイロンで貼るふすま紙は、ふすま紙の裏面に熱接着性樹脂(EVA)が塗布されていて、DIYで張り替えることができます。

アイロンの熱で熱接着性樹脂を溶かして、ふすまの周りだけに貼り付けるタイプのふすま紙です。

戸襖(板戸襖)などに貼るのにも適しています。


(DIY 3)両面テープで貼るふすま紙


DIYで両面テープで貼るふすま紙は、両面テープをふすま本体の枠の内側に沿って貼り、その上にふすま紙を貼り付けます。

アイロンや糊は不要で、枠をはずす必要もなく、DIYで張り替えることができます。


(DIY 4)糊を付けて貼るふすま紙


DIYで糊を付けて貼るふすま紙は、自分で糊を作って、その糊を塗布して貼るふすま紙です。
posted by 襖 at 02:00 | DIY・アイロンでリフォーム
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。