襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖(ふすま紙)のカタログ



ふすま(ふすま紙)のカタログについてご紹介します。

ふすま紙は、通常はふすま紙のカタログ(見本帳)の中から選ぶことができます。

ふすま紙は、東京内装材料協同組合所属のメーカーだけでも、4,000種類以上が発売されています。

これらのふすま紙は、ふすま紙のカタログ(見本帖)に収録されています。

カタログ(見本帖)の種類は80種以上もあり、それぞれが大きなものです。

表具店などが、これらすべてのカタログ(見本帖)を持って来てくれることは、困難です。

まず、表具店などがふすま紙を吟味して、推薦するカタログ(見本帖)を数冊だけ持って来てくれる場合が一般的です。

ふすま紙のインテリア性を重視する場合は、近くの内装材料販売店まで出向いて、カタログ(見本帖)を閲覧することをオススメします。

カタログ(見本帖)を見て気に入ったふすま紙があったら、その商品番号を施工業者(経師や表具店)に指定して、襖を張り替えることができます。

ふすま紙には、「紙系」「織物系」の2系統の素材があります。カタログ(見本帖)には、それぞれ高級品・中級品・普及品などのグレードが示されています。

ふすま紙の高級品には、手漉きの和紙などがあります。普及品には、新鳥の子(茶裏)などがあります。
posted by 襖 at 03:00 | 紙の種類・柄・デザイン
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。