襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖のデザイン



ふすまのデザインについてご紹介します。

襖(ふすま)は昔から、デザインを含めてすべてがオーダーメイドです。

ふすまは現在、「部屋と部屋の仕切り」として、「押し入れ」の戸として、使用されています。

そもそもふすまは、小部屋と小部屋をつないで大広間として使用することを前提として、木と紙でデザインされた軽い扉です。

ふすまは、オーダーメイドできるからこそ、さまざまなデザインを楽しむ事が可能です。

ふすま紙は、素材の種類、デザインや意匠が、とても豊富に取り揃えられています。

茶室に使われる縁のない「ぼうず襖」、やわらかな光を取り入れる「中抜き襖」など、お部屋に合わせてデザインすることができます。

また、ふすまの上張り紙、縁、引手の種類についても、和風の物から洋風の物まで、数多く用意されています。

ですから、ふすまは和室に限らず、洋室にも取り入れることができます。

破れたから、汚れたから、という理由でふすまを張り替えることが多いようです。

ふすま紙を張り替えるときには、デザイン性とインテリア機能についても検討することをオススメします。

ふすまの張り替えの費用や襖の新調の費用は、襖骨、紙、フチ、引手の費用と、ふすま紙を貼る手間の費用で決まります。
posted by 襖 at 04:00 | 紙の種類・柄・デザイン
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。