襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の種類



襖の種類には、「源氏襖」「太鼓襖」「縁付き襖」「戸襖」「軸廻し襖」などの種類があります。


(襖の種類1) 源氏襖


源氏襖とは、奥座敷などの暗い部屋に光を取り入れるための襖の種類です。襖の一部に障子をはめ込んでいます。

障子の位置や格子の作り方によって、「中抜き襖」「御殿襖」「長崎襖」などとも呼ばれる種類です。


(襖の種類2) 太鼓襖


太鼓襖とは、襖縁を設けずに、上下に薄い木(摺り桟)を打ちつけた襖の種類です。「坊主襖」とも呼ばれています。

茶室の出入口やモダン和風の和室に設けられる種類です。


(襖の種類3 縁付き襖)


縁付き襖とは、骨を組んで下張りしたものに上張りして、縁と桟を付けた襖の種類です。一番多く使われている襖の種類です。


(襖の種類4 戸襖)


戸襖とは、和室と洋室の間仕切りとして設けられる建具の種類です。

洋室側は、ベニヤの上にクロス貼りや化粧合板などで仕上げます。

そして和室側は、ベニヤの上に襖紙を貼り、廻りに薄い襖縁を貼り付けて仕上げ、襖のように見せています。

戸襖は、表面の仕上げ材が違うので反りが発生しやすく、何らかの対応策が必要になる種類です。


(襖の種類5 軸廻し襖)


軸廻し襖とは、仏間に設けられる建具の種類です。

両開きのふすまで、扉を開けた状態でも仏壇の扉と干渉しないように、扉を奥にスライドさせて格納できるようになっています。
posted by 襖 at 06:00 | 紙の種類・柄・デザイン
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。