襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 
スポンサーリンク

襖の貼り方で雰囲気を楽しむ



ふすまの貼り方次第で、以前とまったく雰囲気の違った部屋に、簡単に変更することができます。これは「襖」特有の特徴です。

日本の伝統であるふすまの貼り方を工夫して、こだわりの和室を作ることもできます。

最近は、ふすま紙の種類も豊富なので、さまざまな貼り方でお部屋の雰囲気やデザインを楽しむことができます。

ところで、「襖(ふすま)はすぐに破れるから…」と耳にすることがあります。

しかし、紙の貼り方を何重にもすれば、襖は丈夫になり、少々の事で破れたりはしません。

ポイントは、貼り方である「下貼り」と「上張りの襖紙の種類」です。

襖の貼り替えのときに襖を見てみると、貼り方で「下貼り」されていないものが意外と多いようです。

下貼りされた襖と下貼りされていない襖では、丈夫さの面でかなり違いが出てしまいます。

ふすまの見える部分のデザインも大切ですが、見えない部分の貼り方も非常に重要なのです。

襖の骨組みの基本は木ですが、時代のニーズに合わせたさまざまなバリエーションの襖骨があります。

ダンボールや発泡スチロールでできた襖骨は、特に安価です。しかし、基本的にの貼り替えはできません。

また、襖縁だけが固い構造になってしまうため、時間が経つと中心部分が空いてくるなどの問題が起こりやすくなります。
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。