襖(ふすま)の張り替え|張り方と修理

襖(ふすま)の張り替えについてご説明しております。襖は、実用性とインテリアを兼ねた日本独特の建具で、和室の間仕切や押入れなどの戸として使われています。襖は、表紙を貼り替えたり、縁や引き手を交換・修理したりすることができます。最近では襖紙の種類や柄も豊富で、仏間や畳に合うものから、モダンな洋風のデザインのものまであります。DIY製品も販売されていて、アイロンで貼れるタイプを使えば自分でリフォームすることもできます。
 

カテゴリー:襖(ふすま)の張り替え・交換・貼り方

スポンサーリンク

襖の貼り方で雰囲気を楽しむ

ふすまの貼り方次第で、以前とまったく雰囲気の違った部屋に、簡単に変更することができます。これは「襖」特有の特徴です。

日本の伝統であるふすまの貼り方を工夫して、こだわりの和室を作ることもできます。

最近は、ふすま紙の種類も豊富なので、さまざまな貼り方でお部屋の雰囲気やデザインを楽しむことができます。

ところで、「襖(ふすま)はすぐに破れるから…」と耳にすることがあります。

しかし、紙の貼り方を何重にもすれば、襖は丈夫になり、少々の事で破れたりはしません。

ポイントは、貼り方である「下貼り」と「上張りの襖紙の種類」です。

襖の貼り替えのときに襖を見てみると、貼り方で「下貼り」されていないものが意外と多いようです。

下貼りされた襖と下貼りされていない襖では、丈夫さの面でかなり違いが出てしまいます。

ふすまの見える部分のデザインも大切ですが、見えない部分の貼り方も非常に重要なのです。

襖の骨組みの基本は木ですが、時代のニーズに合わせたさまざまなバリエーションの襖骨があります。

ダンボールや発泡スチロールでできた襖骨は、特に安価です。しかし、基本的にの貼り替えはできません。

また、襖縁だけが固い構造になってしまうため、時間が経つと中心部分が空いてくるなどの問題が起こりやすくなります。

襖の張り替え方のポイントは和紙の質

ふすまの張り替え方と言っても、いろいろな商品、模様、値段があります。

ふすまを張り替えるときに、何をどのように選んだらよいのか、特に初めての人はきっと迷ってしまいます。

張り替え方で一番のポイントは、和紙の質です。

和紙は、大きく分けると、鳥の子、上新鳥の子、新鳥の子のランクがあります。

和紙の原料は、雁皮、三椏、楮です。これらを原料として作られた和紙を「鳥の子」和紙と言います。雁皮を使った和紙は、特に高価です。

和紙の製造方法には、手漉きと機械漉きがあります。

見栄えと耐久性に優れたふすまへの張り替え方をするのなら、手漉きの鳥の子和紙を使うのが一番です。

一般の家庭でも無理のない張り替え方は、機械漉きで作られた「上新鳥の子」の和紙を使うことです。

上新鳥の子は、和紙の中で最も模様や種類が豊富で、かつ質もいいので、ふすまを張り替えるときには便利です。

一番安価なのは「新鳥の子」です。しかし、原料に再生紙とパルプを混ぜて作るため、本来の和紙より見劣りします。

変化ある風合いの張り替え方をするのなら、「織物襖紙」(糸入り)を使うといいでしょう。

和紙とは違って繊維の特徴でもある縦糸と横糸の手触りが楽しめます。

ふすまの張り替え方は、まず和紙を手で触り、その違いを確かめてみることです。

襖の張替え方

襖の張替え方ですが、張替えは難しいと思われがちですが、水や「のり」が不要で、アイロンだけで張替えられる襖紙があります。

襖は、知らず知らずのうちにタバコのヤニやホコリなどで汚れてきます。

アイロンだけで張替えられる襖紙を使えば、簡単に張替えられますので、是非挑戦してみてください。

この襖紙は板ぶすまに最適ですが、本襖(枠がはずれる襖)でも枠をはずさずに張替えることができます。

張替え方は、スチームアイロンを使い、温度を高温にして使ってください。

この張替え方で用意する道具は、スチームアイロン、引手クギ抜き、枠はがし、カッターナイフ、カット定規、金槌、釘締め、ノリバケ、などがあると便利です。


(1)襖の張替え方は、まず、骨組み、縁、引き手、に分けます。

(2)引き手と縁をはずして、汚くなった上張りを剥がします。

(3)骨組みに骨縛り(紙)を張った後、さらに袋紙(薄い紙)を張ります。

(4)襖の和紙に高級な物を使う場合は、袋紙みを何重にも張って下地を良くする張替え方で、見栄えと耐久性を良くします。張替え方で、見えない下地作りは重要な作業となります。

(5)袋張りの作業を行ってから、下地の上にきれいな和紙(上張り)を張ります。それから縁を打って、引き手を付けて張替えは完了です。

襖の縁について

襖の「」とは、襖の外周を囲っている部分のことです。縁は、襖の強度を保つ役割、そして機能の面からも、重要な部分です。

縁は、上貼り紙とマッチしながら襖の美しさを引き立てる、というデザイン的な役割もあります。

縁の太さはいろいろあります。最近は「細縁」が使われることが多くなってきているようです。

縁の色も、いろいろバラエティがあります。最近では、洋間続きの和室にもなじむような縁の色も出てきています。

縁の素材は、現在はほとんど木製(木製縁)で、木の主な産地は和歌山です。

木製縁は、大きく分けると、「生地縁(木地縁)」と「塗り縁」に分けられます。

(1)襖の塗り縁

塗り縁は、縁の主力です。塗り縁は汚れがつきにくい、耐久性がある、などの利点があります。

塗り縁の下地素材としては、外材のスプルース、米杉が主流です。その他に、檜、ひば、杉なども使われます。

塗り縁の塗料は、カシューが主流です。その他に、漆、ラッカーなども使われますが、特に天然漆を使ったものがもっとも優れています。

(2)襖の生地縁

最近は、塗り縁よりも「生地縁」の「細縁」が好まれています。

生地縁には、全く加工しない生地のままのもの、汚れ止めにワックスや透明塗料を塗ったもの、の2種類があります。

生地縁には日に焼けやすい、汚れやすい、などの欠点があります。

生地縁の下地素材としては、外材のスプルース、米杉柾などが主流です。その他に、赤味杉柾、檜、ひば、たも、栗、なども使われますが、これらの国産材は手に入りにくくなっています。

襖の張り替えは汚れや傷が気になったら

ふすまの張り替えは、汚れや傷が気になるようになったら、早めに張り替えましょう。

ふすまの張り替えは、どの店に依頼しても、貼った直後は大差はありませんが、違いが出てくるのは2〜3年後です。

ふすま紙は、大きく分けると「鳥の子紙」と「織物」の2つです。

「鳥の子紙ふすま」は、製紙原料や印刷・加飾の仕方によって普及品〜最高級品まであります。

「織物ふすま」は、織糸の種類や撚糸の数、印刷や加飾の仕方によって、普及品〜最高級品まであります。

(1)「本鳥の子ふすま」に張り替える

本鳥の子ふすまは、雁皮・三椏・楮などの靱皮せんいを原料にした手漉きの紙です。


(2)「鳥の子ふすま」に張り替える

鳥の子ふすまは機械で漉きます。紙の風合いは、さまざまな技術によって手漉きに近くなっています。


(3)「上新鳥の子ふすま」に張り替える

上新鳥の子ふすまは、鳥の子の普及品です。機械漉きなので低価格です。

(4)「新鳥の子ふすま」に張り替える

新鳥の子ふすまは、機械による一貫生産のため、ふすま紙の中では最も廉価です。


(5)「上級織物ふすま」に張り替える

上級織物ふすまは、ドビー織など縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ高級な織物ふすま紙です。加飾される絵柄も、一枚ずつ丁寧に手で加工されます。


(6)「中級織物ふすま」に張り替える

中級織物ふすまは、長繊維のレーヨン糸やスラブ糸・ネップ糸等の意匠撚糸で織っています。上品な柄が多いふすまです。


(7)「普及品織物ふすま」に張り替える

普及品織物ふすまは、低価格な織物のふすま紙です。


(8)「光触媒和紙」に張り替える

光触媒和紙は、シックハウス症候群の緩和、タバコやペットの臭いを減らすなど、お部屋のなかを清潔に保つことができます。

襖の修理のポイントは?

襖の修理では、

(1)戸のすべりが悪い点を修理すること
(2)襖紙の破れた部分を修理すること

この2つがポイントです。


襖の修理(1) 襖の戸のすべりが悪い点を修理する


まず、襖に戸車が付いているかどうかを調べます。戸車が付いていれば、一般の引き戸と同じ様に、修理を行います。

戸車が付いてない場合は、襖の敷居のすべりが良くなるように、以下のように修理します。

1) 敷居の溝を清掃します。

2) 溝に引っかかりを感じる部分があったら、溝全体に紙やすりを掛けて滑らかになるように修理します。

3) 襖の下の溝の上を動く部分も、紙やすりを掛けて滑らかになるように修理します。

4) ヤスリのクズをよく取り除いてから、溝にロウ(ろうそく)を塗って滑りが良くなるように修理します。

溝に敷居テープを貼る場合は、敷居の溝の深さをよく確認しましょう。


襖の修理(2) 襖紙の破れた部分を修理する


襖紙の破れた部分を修理する場合、以下のように修理します。

1) 破れた部分の大きさに合わせて厚紙を切ります。

2) その厚紙の両面に糊を塗って、襖紙の破れた部分の内側の隙間に入れて貼り付けます。

3) 厚紙の糊が固まるのを少し待ちます。

4) 破れた襖紙の裏面に糊を塗って、周囲の襖紙に合わせて貼り付ければ、修理は完了です。

襖紙の大きな破れの修理や、全面の張り替えの修理などは、専門の業者に任せたほうが無難です。

襖紙の破れた部分を修理する場合、襖紙には以下の種類があります。

●新鳥之子襖紙・・・アパートなどによく使われる廉価品です。

●織物襖紙・・・糸の入った襖紙で、見た目は高級です。強くて汚れにも強いのが特徴です。

●上新鳥之子襖紙・・・少し黄色がかった和紙風の紙で、高級感があります。

●本鳥之子襖紙、越前和紙、江戸からかみ、などの襖紙もあります。

戸襖(とぶすま)は両面の襖

戸襖(とぶすま)は、襖の種類のひとつで、出入口に用いる両面の襖のことです。

戸襖は、廊下や洋室側になる面を、合板やクロス張りなどで板戸に仕上げます。

また、和室側になる面を、襖紙を張って襖に仕上げます。襖紙には、新鳥の子、上新鳥の子、鳥の子、本鳥の子などが用いらます。

戸襖の貼り方には、以下の種類があります。


(戸襖の貼り方1) 水貼り

本紙に水を染み込ませてから貼る、戸襖の貼り方です。戸襖がそったり、ねじれたりしやすい貼り方です。


(戸襖の貼り方2) ベタ貼り

本紙に薄い水糊を引いてから貼る、戸襖の貼り方です。戸襖がそったり、ねじれたりしやすい貼り方です。


(戸襖の貼り方3) 置き浮け貼り

本紙に薄い水糊を引いてから、浮け紙を本紙の上にのせて一体にして貼る、戸襖の貼り方です。一般的な張り方で、戸襖がそったり、ねじれたりしにくい貼り方です。


(戸襖の貼り方4) 袋貼り

浮け紙の周りに細い幅で糊を付け、骨地に袋状態に貼っていくという、戸襖の貼り方です。本紙に薄い水糊を引いてから、浮け紙を袋貼りした戸襖に貼ります。


(戸襖の貼り方5) 二重浮け

袋貼りを2回行ってから本紙を貼るという、戸襖の貼り方です。2回目の袋貼りの際には、「くい裂き」という技法を使用して、浮け紙の段差が出ないようにします。


(戸襖の貼り方6) 十、七遍貼り仕上げ

性質の異なる和紙を使って、骨縛り、胴張り、蓑貼り、蓑押さえ、袋貼り、などを行なう戸襖の貼り方です。

最上級の戸襖の貼り方で、製作に1.5〜2ヶ月かかり、製作費も高価です。強度、耐久性、そり、捻れに強くて、調湿性もあります。

襖の張り方に「下張り」があります

襖の張り方には、大きく分けると下張りと上張りがあります。特に下張りの張り方は、さまざまにあります。

下張りは、高級な襖ほど回数が増えます。下張りで紙を重ね貼りすればするほど、襖の表紙が湿気によって波打つのを防ぐことができます。また、襖自体も丈夫になる張り方です。

下張りは、貼った紙が十分に乾かないと、次の作業に入れません。ですから、下張りの回数が多くなるほど製作に時間がかかり、高価になります。

襖の張り方には、以下の種類があります。


(張り方1) 骨しばり

まず、襖の襖骨(組子骨)を固定するために、手透き和紙、茶チリ紙、桑チリ紙など、繊維の強い和紙を張ります。


(張り方2) 打ち付け張り

襖の襖骨(組子骨)が表面から透けないための張り方です。「骨しばり」をより強くする役割もあります。


(張り方3)蓑張り (重ね貼り)

蓑のように、紙をずらしながら重ねて貼る張り方です。薄い手漉き和紙、茶チリ紙、反古紙などを張ります。


(張り方4) ベタ張り

糊を紙の全面につけて貼る張り方です。


(張り方5)袋張り (浮け張り)

紙の周りに細く糊をつけて、袋状に貼る張り方です。袋状になるので、和紙本来のふんわりとした表情が出ます。薄手の手漉き和紙、代用石州、茶チリ紙などを張ります。


(張り方6) 清張り

紙の全体に薄いのりをつけて、襖の全面に貼る張り方です。


(張り方7) 上張り

襖の表紙を貼ることです。紙の素材(織物、本鳥の子など)に応じて、糊の濃さを調節して張ります。

襖は張り替えるのが前提です

襖(ふすま)の張り替えは、家屋の環境によって異なりますが、10〜15年くらいが目安です。そのくらいの年月が経つと、どうしても黄ばみがでてきてしまうので、張り替えの必要性が出てきます。

襖(ふすま)の張り替えは、木枠に和紙を張るだけでできます。あっという間に、簡単に新たな空間が生まれてしまいます。

襖の役割は、部屋と部屋との間仕切りです。また、襖は汚れた空気を吸い取って、部屋を浄化する役割もあります。

さらに、部屋の雰囲気を創り出す役割もあります。

襖が汚れたときは、襖を販売している表具店で張り替えてもらうのが一般的です。

襖と障子は、平安時代から今に至るまで、日本の伝統工芸として位置づけられています。日本人と障子、日本人と襖は、切っても切れない関係です。

襖の張り替えは、まず、組子を組んで作った襖骨に、和紙を何度も下張りします。

そして、その骨に蓑貼りや袋貼りをして、さらにその上に襖紙を張ります。最後に、周囲に縁を付けると完成です。

張り替える襖紙の種類は、和紙系、洋紙系、糸入り等があります。

和紙系には、鳥の子和紙と呼ばれる色鳥の子、手漉き和紙、江戸唐紙、京都の型押しなどがあります。

洋紙系には、上新鳥の子、新鳥の子、糸入りなどがあります。
スポンサーリンク
ハイベックの価格全国のテーラーリンク集スーツケースの選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。